養生材の製造・販売・レンタル・施工

MF物流株式会社

お知らせNEWS

自分で引越しをするときの「養生」について。養生箇所、商品のご紹介2020.01.15

業者を利用せず自分で引越しをするとき、「養生」は絶対に必要です。
慎重に作業をしていても、建物の壁や床に傷や汚れをつけてしまう危険があり、トラブルに発展する可能性があります。

また、引越し業者を利用するにしても、個人事業主の業者の場合「養生代」が含まれていないことが珍しくありません。
その場合、オプションで養生代が加わって非常に高額な引越し代になってしまいます。
このようなトラブルは、引越しのときに養生をすることで予め防ぐことができます。

なぜ養生が必須なのでしょうか。養生をしないとどのようなトラブルに巻き込まれるのでしょうか。

もくじ


<引越しで養生はなぜ必要か>

荷物を運搬する際、建物の壁や床などを汚したり傷つけたりしまうことがあります。引越しにおける養生は、壁や床を保護するために必要です。
養生とは、養生材という専用の資材を活用することで、建物の壁や床を守ることを意味します。

マンションやアパート、ビルなどに荷物を運ぶときなどは、共有部分も傷つけないようにしなくてはいけません。
部屋の前だけではなく、共有部分の必要カ所すべてに養生が必要となります。

とくに大きい家具や家電製品は、運搬時に傷をつけてしまう原因になりやすいので、運ぶときに必ず養生することをおすすめ致します。
万が一傷をつけてしまうと、修理費用を請求されてしまう場合があり、結果的に引越し費用が非常に高くつくことになってしまうため注意が必要です。

<引越しで養生が必要な場所>

養生するとはいってもどのような部分に養生をしたらいいのでしょうか。
引越し業者の場合、意外と広い範囲を養生します。理由は、それだけ壁や床を傷つけることに細心の注意を払っているからです。
以下の場所は、養生することをおすすめします。

玄関のまわり、入り口、通路壁
一番出入りが激しい玄関はしっかり養生する必要があります。
ドアは傷つきやすく、大きいものを運ぶときは衝撃でゆがんでしまうことがあるので、大きなものや角の尖ったものを運搬する際には、養生することをおすすめします。

壁養生材

エレベーター
エレベーターの養生は必ずした方がいいです。特にタワーマンションや新築マンションであると養生ルールが厳しいです。
養生なしでは確実に注意を受けるため、養生をおすすめします。

エレベーター養生材

通路、廊下、床
床や廊下は頻繁に通るので、傷がつきやすく汚れやすくなります。
重いものを運んだり、家具を床におくときにも、跡などつかないように仮置き場を確保しておくと便利です。

床養生材

荷物の搬入が終わり養生材を片付けるときには、壁や床に傷や汚れがないか確認し、細かいところまで見ておきましょう。
弊社のエレベーター養生セットなら、自由に切ったり折り曲げたりできる養生材(畳一畳サイズ)が5枚ついてくるので、場所を問わずにご使用いただけます。
その他、ご自分で養生するときにおすすめなものは「ダンボール」です。スーパーなどで簡単に手に入るため、お金をかけずに用意できます。ダンボールを床や壁にテープで貼り付ければ、しっかり固定されるので簡単に養生できます。
しかし、ガムテープやセロテープは粘着力が強いため、床や壁の塗装が剥がれてしまったり、剥がしたあとが残ってしまう危険があるため、養生テープのご使用をおすすめします。
弊社のエレベーター養生セットには、養生テープ×1巻(長さ25m分)が付属します。

<引越しの養生は業者でないとできない?>

引越しの養生に使用される資材は、引越し業者によって専用の資材を準備することが多いです。

床養生に多く利用するプラスチックのような板は、硬さがあり、家具の角が当たっても傷が下につくことがありません。
建物玄関や部屋の入口、壁、通路などにも広く使用されます。
・床養生材

キルティング加工の布製マットは、プラスチック板よりも滑りにくいので、床や階段、廊下に使用されます。毛布のような感じで、家具に直接かぶせての移動も可能です。
・毛布養生

壁を守る壁面パネルは、半分に折れ曲がるので角部分の養生にも便利です。
・壁養生

このように養生材は、適材適所に必要な強度や性質があるものを使用します。
自分で引越しを行う場合の養生は、自分でしなければなりません。
「荷物が少ないから大丈夫」といった考えで、引越し養生をしない人もいますが、壁や床を傷つけたり、壁だけではなく自分の荷物にも傷がついてしまったら、退去時に修理費が高くついてしまうだけではなく、大切な家具の破損のおそれもあります。
入居先によっては、共用スペースに養生をしないと荷物の搬入をしてはいけないところもあります。

養生材レンタルの無料御見積りを是非ご利用ください!!

<•引越しの養生にかかる費用はどのくらい?>

大手や中小の引越し業者であれば、養生費用は見積り料金の中に含まれていますし、養生方法を知らなくても、専門スタッフが対応してくれます。 しかし個人事業主の場合には、養生代は「オプション」となり、養生を頼むと非常に代金が高くなることがあります。 引越しの見積もり費用だけを見れば安いですが、養生料金まで考えると総額が高くなってしまうのです。 ご自分で引越しをする場合や大手や中小以外の引越し業者に頼む場合には、是非弊社の養生材レンタルサービスをご利用ください。

養生材レンタルの無料御見積りを是非ご利用ください!!

<まとめ>

建物の壁や床、ご自身の大切な家具を傷つけないためにも、養生することは必要です。
自分で荷物を搬入する場合は、とくにしっかり養生することが大事です。
引越しや養生にかかる費用やごみ削減の意味でも、養生材レンタルの無料御見積りを是非ご利用ください!!

お知らせ一覧

戻る

0248-92-3890
〒969-0401
福島県岩瀬郡鏡石町境116